NEWS

モントリオールMcGill大学附属語学学校 ~生徒様感想~

McGill University (マギル大学) は、ケベック州、モントリオールに本部を置くカナダの公立大学です。

 

マギル大学は1821年に創立されたカナダ最古の大学であり、国内で最も権威ある大学の一つです。
現在21の学部、300以上の専攻分野を有しており、フランス語圏のモントリオール市内にキャンパスがございますが、授業は全て英語で行われる、英語圏の大学です。

マギル大学は海外からの評判も高く、タイムズによる2009年の世界大学ランキング 『The Times Higher Education Supplement』 では世界18位にランクされ、マクリーンズによるカナダ国内大学ランキング (Maclean’s Rankings) では2009年度1位など、カナダの最高学府としても知られています。

また、広範囲の分野でノーベル賞受賞者を数多く輩出しており、その中でも医学部は特に有名であり、世界トップレベルの研究機関の一つとして数えられています。

 

そんなマギル大学附属語学学校はアカデミックな内容の印象ばかりが強い付属語学学校ですが、
リーディング
リスニング
コミュニケーション
など、バランス良く学ぶ事ができ、宿題も沢山出ますから、しっかり学びたい方にはお勧めです!
1クラスの人数は15名から20名くらいで、生徒のモチベーションが高く、みんなで、意識を高め合いながら学べる環境です。
英語漬けを望む方には、適した学校と言えるでしょう。
また、マギル大学正規の学生や、現地の方も一緒に学んでいますので、マギルでフランス語を学びたい方にもオススメです。
分からないところは英語で確認できるので、フランス語が初級者の方にも安心して学べる環境です。
自分の英語力の維持するためにも最適の環境と言えます。

そんなMcGillへ通学されていた生徒様の感想をご紹介いたします。

 

★学校感想★

お名前:S.N. 様
通学時期:2014年9月~2015年2月

通学期間:24週間

私は 9月から半年間マギル大学付属語学学校に通い、 3 つのセメスターを受講しました。
クラスメートの印象としては、欧米、南米、欧州からの生徒がとても多いことが挙げられます。
また日本人率がかなり少ない為、私は学校内で一人も日本人の友達を作ることなく 過ごしました。
宿題も毎日沢山出るので、とても充実していたと思います。
放課後には、 pronunciation clinic, writing clinic などがあるので、 希望者は特化した授業を無料で受けることができます。

私は発音が特に曖昧だったので、毎週通っていました。

雰囲気はみんな真剣なのですが、楽しく賑やかで、とても良かったです。

限られた期間の中で集中して学ぶ、という目標でこちらに来たので、マギルは私にはぴったりだったと思っています。

先生方はとても生徒思いで、教え方も分かり易いので、この半年間でかなり英語力が伸びたことを実感しています。

マギル大学附属語学学校へ通学してみたい方、興味のある方、お気軽にお問合せください。

McGill University
688 Sherbrooke St West, 11th Floor, Montreal 

留学にはお金がかかるからこそ、自信にあった留学プランをたてることが大切です。BRAND NEW WAYはカウンセリング費用無料でご相談いただけるうえに、BNWを通してお申込みいただきますと、お得なメンバーシップ特典が満載です。

BNWメンバーシップ特典 ※下記バナーをクリックするとBNWの別サイト生活情報サイトに移動いたします。

 

 

カナダ全都市の語学学校、専門学校、カレッジから大学まで幅広い知識と経験を持ったカウンセラーが一緒に留学のプランニングをするから安心。

日本からのお問い合わせもカナダ国内からの問い合わせも対応可能、

ご希望がございましたらLINEまたはSkypeでのカウンセリングも可能なためカウンセラーと直接話をすることもできます。

また、提携会社者の数は豊富で、

  • ビザコンサルタント
  • 一日$2からご加入いただけますカナダ現地保険会社
  • 医療通訳サービス会社
  • 旅行代理店
  • 宅配便会社
  • 携帯電話会社

 

等々多くの会社と提携しているからこそご渡航前からご渡航、更にはご帰国まで留学を一括サポートさせていただきます。

McGill Universityなど学校からサポートサービスまでお問い合わせは下記バナーから